鳥類の世界地図 世界の鳥類

鳥類は自然界で最もよく知られ、最も評価されている要素の一つであり、ハチドリからダチョウ、ペンギンからワシに至るまで、1万1000種以上の異なる種、驚くべき多様性で構成されています。それぞれの種は、その外見、習性、生息地などがユニークです。膨大な数の個体が生息しているものもあれば、残りの個体の数が少ないものもあります。

生物多様性保護論者は、地球の生物多様性が危機的状況にあると常に警告していますが、世界は広大な場所です。種を守るためには、彼らがどこに住んでいるのかを知ることが重要です。この単純な真実を念頭に置いて、研究者グループは、既知のすべての鳥類、哺乳類、両生類の居場所を、これまでのものよりも約100倍の解像度で描いた地図を作成しました。

爬虫類や魚類を地図に含めるにはデータが少なすぎる。昆虫や甲殻類などの動物についても、その分布についての情報が少なすぎるため、地図作成の対象外となっています。

しかし、チームは、マップが地域や世界の政策、保護、研究の課題を伝えるのに役立つことを期待しています。

これは地図のもう一つのビューで、地域ごとの種の濃度の違いを示しています。

Sophie Waechter

Written by